インテリジェントなセキュリティ運用

ソースや場所を問わない、リアルタイムの脅威の検出、分析および調査
  • オープンアーキテクチャー
    セキュリティ運用では、Kafka等のオープンスタンダードに対応したメッセージバス アーキテクチャを使用し、データの速度、ボリューム、多様性を把握することができます。
  • リアルタイムの検出
    リアルタイムでのイベント相関機能と高度な分析を自動化し、セキュリティ運用のアナリストが各ステージの既知および未知の攻撃を自由に探すことができるようにします。
  • 直観的な調査
    世界最速のオープンスタンダードデータベースVerticaをベースとした、調査のための簡素化された検索と分析により、セキュリティの専門知識が限定されるとき、脅威の識別に要する時間を短縮します。
オープンアーキテクチャー
オープンアーキテクチャー
オープンアーキテクチャー
すべてのソースのデータをすべての宛先に移動できるようにし、公開やサブスクリプションの柔軟性を持つメッセージバスを使用して、多段階攻撃への可視性を高めます。
  • Apache Kafkaをベースとするイベントブローカーが、すべてのソースのデータを取り込み、どこへでも送信
  • リアルタイムの豊富なデータが、生データにセキュリティコンテキストを追加
  • 400以上の設定不要なコネクターが、あらゆるタイプのソースからデータを収集
  • メッセージバスで1秒あたり100万件のイベントのデータ取り込み
  • 一元管理コンソールがセキュリティ環境の状況をエンドツーエンドで提供
インテリジェントなイベントブローカーでオープンスタンダードのデータ収集
オープンアーキテクチャー
プロモーションビデオ
あらゆる場所からのデータをどこにでも送信
オープンアーキテクチャがSOCにもたらす価値について、詳細をこのテクニカルホワイトペーパーでご確認ください。
リアルタイムの検出
リアルタイムの検出
オープンアーキテクチャー
リアルタイムのデータ相関機能とユーザー/動作分析の統合を通して、重要なリンクの欠落を明らかにし、未知の、またはインサイダーによる脅威を発見します。
  • 高度な分析のための50の追加設定が不要なアルゴリズム
  • リアルタイムのイベント相関機能が時間のかかる検索を自動化
  • 最大数万件のイベントを一度に相関
  • ユーザー/動作分析が未知の脅威の発見に役立つ
  • 一元管理コンソールがセキュリティ環境の状況をエンドツーエンドで提供
リアルタイムのイベント相関機能を備えた、セキュリティ情報/イベント管理(SIEM)
統合されたユーザー/動作分析で未知の脅威を検出
オープンアーキテクチャー
プロモーションビデオ
高度な分析ソリューション
ルールベースのSIEMソリューションを補強する方法を、この高度分析チュートリアルで学びます。
オープンアーキテクチャー
直観的な調査
直観的な調査
分析主導型のガイド付き調査ツールで、SecOpsのアナリストに検出と修復の能力が備わります。
  • 10倍の速度の検索と高度な分析を即時で処理
  • ガイド付き検索クエリは、Day Oneで自動で表示される提案とともに作成
  • セキュリティ調査のために最適化された、パワフルなグラフとダッシュボードの作成
  • 検索と分析のための幅広いデータとHadoopへの簡単なアクセス
10倍の速度の検索で調査を自動化
直観的な調査
プロモーションビデオ
シンプルで直観的な調査
ArcSight Investigateで、調査結果を簡単かつ迅速に得る方法について学びます。
ArcSightマーケットプレイス
信頼できるセキュリティ ユースケースとベストプラクティスで、ArcSightの配備を素早くプロビジョニングします。
セキュリティのリソースを効果的に配分
SIOC 能力アセスメント で人、プロセス、テクノロジー、サービスに予算を配分する利点について一般的なガイダンスを受け、2017年 SecOpsの状況のレポート を読んで他との比較で自身のランクを確認します。

セキュリティ運用製品

]]><value><element><![CDATA[インフォメーションセキュリティ運用ソフトウェア, IT SecOps ツール| Hewlett Packard Enterprise]]></element></value>