Lean Functional Testing

Lean FT

開発者のための機能テストソフトウェア

Lean Functional Testingは、開発者がシフトレフトテストをするための強力なソリューションで、継続的なテストと統合向けに作成されています。

クロスプラットフォームおよびクロスブラウザ―サポート

開発者が使いやすい継続的なテストのためのツール

  •  

    強力で安定したテスト

    Lean FTは、AUTでの変更に十分に対応できる強力で安定したテストの開発を可能にします。

  •  

    機敏性に富んだコラボレーション

    開発/QAエコシステムでサポートされる標準的な現在の開発におけるテストを作成します。

  •  

    IDE統合

    C#( Visual Studio)、Java(Eclipse)などの現在のオブジェクト指向プログラム言語およびそれらのホストするフレームワークライブラリを使用してテストスクリプトを開発します。

LeanFTは標準のIDEに完全に組み込まれていて、開発およびQAエコシステムと自然に統合されます。

Lean機能テストのメリットについて確認します

継続的な統合およびテスト用に構築されたソリューション

複数のIDE間で移植可能

開発とテストに同じツールを使用して、機敏性に優れたチームにおける開発-QA間のコラボレーションを可能にし促進します。LeanFTは、Visual StudioとEclipseの機能テスト機能を搭載しているので、馴染みのあるツールを使って生産性を最大限に上げることができます。

強力で弾力性のあるテスト

急速に変化するアプリケーションに合わせて、テスティングにおいても独自の課題が立ちはだかります。LeanFTのオブジェクト識別ツールを使用すると、基幹となるアプリケーションの変更に合わせることにより、テストモジュールの一貫性を保持することができます。

総合的な細部まで行き届いた実行

テストの失敗理由を正確に理解することにより問題の根底部分に直接行きつきます。LeanFTは、テストの実行フローの詳細を提供します。これには、各ステップのテスト失敗における明確で実施可能な理由が含まれています。

UFT Pro (LeanFT)の一般的なユーザー

機敏性のあるテスター

「開発/QAエコシステムでサポートされている標準的な最新の環境でテストを開発したいと思っています。」

  • LeanFTは、Visual StudioやEclipseなどの標準的な開発IDEに完全に統合されています。
  • これにより、Nunit、Junitなどの標準的なユニットテストフレームワークによるテストスクリプトの開発が可能になります。
  • こららのフレームワーク上にあるテストプロジェクトのテンプレートがすぐに使える状態で提供されます。

開発者

「現在のプログラム言語を使用して、標準のIDEにより提供された機能を適用してテストを開発したいと思っています。」

IDEにおけるLeanFTの統合により次のことが可能になっています。

  • C# (Visual Studio)やJava (Eclipse)などの現在のオブジェクト指向プログラム言語やそれらのホストするフレームワークのライブラリを使用したテストスクリプトの開発
  • AUT機能は、プログラム言語の機能を使用してテストできます。

QAリーダー

「私たちはさまざまな技術を使ってアプリケーションを開発しています。現在必要としているのは、膨大な範囲にわたるAUT技術のテストをサポートしてくれるツールです。」

LeanFTは、既存のUFTメカニズムと技術サポートをベースにしています。

  • 最も一般的なAUT技術がサポートされています。 スタンダード、Web、.NET、Java、モバイル
  • UFTのインサイト技術(イメージベースのオブジェクト認識)がサポートされています。
  • LeanFTには、拡張性が備わっているので、カスタムのツールキットを使用して開発されたAUTを柔軟にテストできます。

オートメーションエンジニア

「テストを行っているアプリケーションは今も急速に変化しています。強力で安定したテストをすぐに開発できる方法を求めています。」

  • LeanFTは、UFTのオブジェクト識別メカニズム(プロパティベース識別、VRI、XPath、イメージベース認識など)をベースにしています。
  • LeanFTにより、AUTの変更に十分に対応できる強力なテストを開発できます。
  • LeanFTにより次のオブジェクト識別ツールを提供し、テストの開発処理を促進できます:
  • オブジェクト識別センター(a.k.a.: Spy)- 迅速かつ簡単に強力なオブジェクトIDを作成することを可能にします。
  • アプリケーションモデル(a.k.a.: オブジェクトレポジトリ) – テストのスクリプトコードから参照するAUTのオブジェクトを論理的に表すことを可能にします。
previous
  • アプリケーションモジュールを使用してアプリケーションオブジェクトを抽出し、それらのIDをテストロジックから分離します。

  • EclipseやMicrosoft Visual Studioなどの作業しやすいIDEでテストを作成します。

  • ビジュアル指向のオブジェクト識別センターを使用して、正しいオブジェクト識別子を捜し、テストコードを生成します。

  • 強力で再使用が可能なテストの自動化スクリプトをJavaまたはC#を使用して作成します。

  • テストの実行ですぐにフィードバックが得られます。これには、軽量、詳細の実行結果レポートが付いてきます。

next

アプリケーションモジュールを使用してアプリケーションオブジェクトを抽出し、それらのIDをテストロジックから分離します。

開始する準備はできましたか?
Lean FTは、継続テストに特化して構築された強力で軽量な機能テストのソリューションで、Agile & Dev/Opsの各チームに、テストの自動化における新しい基準を提供します。
  • 統合–Microsoft Visual StudioおよびEclipseで実行
  • NUnit、 JUnitなどの人気のオープンソースフレームワークや任意のカスタムビルドフレームワークと統合
  • C#またはJavaでテストを作成
Resources

ホワイト ペーパー

UFT Pro (LeanFT)をテストする

 

(PDF 839 KB)

すべて表示

UFT Pro (LeanFT)ヘルプセンター

インフォグラフィック

Four Keys to Successful DevOps Journey (DevOpsに対する4つの成功の鍵)

ブログの投稿

Future of Testingブログ

すべて表示

UFT Pro (LeanFT) ヘルプセンタービデオギャラリー

Vivitウェビナー

HPE UFT Pro (LeanFT)を使った継続的なテストパイプラインを構築する

Engage with our Application Lifecycle Management Community

All About the Apps (アプリのすべて) ブログ

魅力的なアプリケーションを自信を持って迅速にデリバリするために、最新のアプリケーションライフサイクル管理に関するベストプラクティスを確認できます。

ALMコミュニティ

ITエキスパートとの会話に参加し、ALMの最新の開発状況を確認できます。

ALM on HPLN

HPE Live Networkでは、ALM向けに開発されたコミュニティやコンテンツを利用できます。

TwitterでALMの情報を見る

ALMやアプリケーションの活用方法に関する最新ツイートを閲覧できます。

Micro FocusのLinkIn

Micro Focusの活用の仕方について専門家と話し合いましょう。

Micro Focus のGoogle+

エンタープライズアプリケーションと情報を最適化する最新の方法についてご検討ください。