Adaptive Backup and Recovery

Adaptive Backup and Recovery

ハイブリッドIT全体にわたる予測型データ保護
地域でのアダプティブバックアップおよび
リカバリのイベントを
検索。
  • データ中心のバックアップ
    従来のバックアップでは、ハイブリッドIT環境で進む複雑化や多様化に対処できません。インフラストラクチャ中心のサイロ内での異種のバックアップアプリケーションには、リカバリの時間やデータ損失に加え、予算のリスクがつきまといます。大規模なビジネスの保護には、レガシーインフラストラクチャと最新のインフラストラクチャの両方で標準化された、データ中心型のバックアップが必要です。
    SYNNEX Infotechがバックアップの複雑性を切り崩す
    「バックアップされたデータのフットプリントを200TBから11TBまで削減することが、重複排除で可能になりました。」
    SYNNEX Infotec社 情報システム部門 インフラストラクチャ管理グループ、
    Mitsuyuki Kobayashi
  • 予測型のSLA管理
    設定しただけでうまくいくということはもはやありません。すべてのアプリケーションをミッションクリティカルであるとして扱い、チームにサービスレベル契約(SLA)の要求に応えさせることが求められています。チームを自由にし、ビジネスの継続性を推進できるよう、インテリジェントな自動化、直観的な分析および一度のクリックによるアプリケーションリカバリが、生産性システムの予測型SLA管理を提供します。
    RheinEnergie AG社の、SLAにおける自信を分析で向上
    「Data Protector環境の管理に要する時間を約40%削減できました。」
    RheinEnergie AG社 システムアドミニストレーター、
    Erik Schubert
  • Security Activated Backup
    サイバー攻撃はもはや可能性の問題ではなく、時間の問題となっています。周辺のセキュリティを確保し、悪意のある行為を検出、対応するだけではもはや十分ではありません。最適な防御には、バックアップをセキュリティ戦略のコア部分に据えることが必要ですが、どのようなバックアップでも良いということではありません。高度なバックアップとリカバリ技術を備えた、プロアクティブでインテリジェントなアプローチが必要です。
    Nebraska Medicine社がHPEの統合型ソリューションでデータを保護
    Nebraska Medicine社が、データ保持のサイクルを7週間から52週間に延ばすことにより、ランサムウェア攻撃の脅威を管理するシステムを「巻き返す」機能をどのように向上させたか、ご確認ください。
データ中心のバックアップ
データ中心のバックアップ
データ中心のバックアップ
ビジネスは、バックアップ/リカバリセーフティネットがIT環境の変化に適応するよう求めています。標準的なデータ中心型のバックアップアーキテクチャは、設置場所や環境内での移動方法に関わらず、ハイブリッドITプラットフォーム全体に拡張し、データを透過的に保護することができます。
  • ディープストレージ層の統合と柔軟な4層のアーキテクチャで、従来のインフラストラクチャを思いのままに使用、配備することができます。
  • ファイル分析、予測型分析および運用分析は、バックアップ運用に知見を提供し、ストレージのコストとフットプリントを削減して、スマートデータ管理を可能にします。
  • ディスク、テープ、クラウドのターゲットにわたるストレージの自動階層化 で、データ管理および保管のコストと複雑さが削減されます。
  • 2万のクライアントと80PBのデータが実証する、大規模環境の保護
データ中心のバックアップ
プロモーションビデオ
Adaptive Backup & Recovery Suite
Adaptive Backup and Recovery Suiteが、ビジネスに応じて進化、拡大する、適応性の高いスマートなバックアップとリカバリの環境をどのように可能にするか、ご確認ください。
保護的なSLA管理
保護的なSLA
管理
予測型のSLA管理
SLAの追跡は、可用性の要求に自信をもって応えられる唯一の方法です。直観的な分析により、クリティカルなワークロードのSLAを追跡、管理できます。アプリケーションとストレージ階層の密接な統合が、インテリジェントな自動化を提供し、手動による介入やカスタムスクリプトへの依存度を低減し、サービス中断のリスクを減らします。
  • SLA管理と監視のための高度分析
    すべてのワークロードへの可視性を提供します。
  • アラートおよび推奨フレームワークは、
    SLAを一貫して満たすのに役立ちます。
  • インテリジェントな自動化に基づく一回のクリック時の復元で、手動プロセスをなくすことができます。
  • SAP、SAP HANA、Oracle、My SQL、SharePoint、Exchange等の広範なアプリケーションとの統合
    は、未曾有の規模で
    厳密なSLAにも対応します。
予測型のSLA管理
プロモーションビデオ
ミッションクリティカルなアプリケーション環境の保護
ミッションクリティカルな環境におけるバックアップおよびリカバリの5つの難題に関する、主な戦略的検討事項を学びます。
Security Activated Backup
Security Activated Backup
柔軟な多層アーキテクチャ
ランサムウェア等の攻撃の被害者には、二つの選択肢があります。バックアップからのデータ復元、または支払いです。備えとして、セキュリティ戦略では3つの主なエリアで高度なバックアップ機能が必要となります。
  1. 高度なバックアップセキュリティは、データへの幹線道路ともいえるバックアップアプリケーション自体が脆弱性とならないようにします。
  2. 本番稼働環境で攻撃が発生した場合の、迅速かつ簡単なデータ復元。
  3. セキュリティの脅威にプロアクティブに備え、対応し、行動を起こすことができるよう、データ、特に些末で脆弱性が生じるものを識別し、それに従ってバックアップを行う高度な分析。
  • セキュアなピアリング、転送中または保管されているデータの暗号化、一元的なコマンドと実行などのセキュリティ機能が、中間者攻撃などの侵害に関連したリスクを最小化します。
  • 一元化されたシステムリカバリ(Bare Metal)、遠隔地でのディザスタリカバリ(DR)、また、ディスク、テープ、クラウドにわたるオブジェクトのコピー、さらに、長期保持のためのセキュアなクラウドターゲットへの自動階層化で、ランサムウェア等の攻撃に起因するシステムダウンタイムのリスクと影響を最小化できます。
  • データを理解/分類し、脆弱性の場所を特定し、冗長な、または老朽化した情報を削除して、最も重要なアプリケ―ションおよびデータの保護を優先する、高度なファイル分析
柔軟な多層アーキテクチャ
管理可能なリスク サイバー犯罪
サイバー犯罪の影響に関する、6か国、237社を対象とした調査とその結果をご覧ください。プロアクティブでインテリジェントなアプローチが、いかにブランドを保護し、情報損失を防ぎ、収益を保ち、システムをオンラインで維持するか、HPEのエキスパートから学びます。
データ保護戦略再考案の
ベストプラクティス
デジタル改革時代に対応したデータ保護を考案するベストプラクティスをIDCで探りましょう。
バックアップがサイバー犯罪のコストを削減
情報の損失とビジネスの中断の二つが、サイバー犯罪が引き起こす最も重大な影響です。Advanced Backup and Recoveryが、こうした損失を年間200万ドル削減しています。

HPEのAdaptive Backup &
Recovery Software Suiteをご覧ください。