Unified Functional Testing (UFT)

Features

Broad technology support
広範なテクノロジーサポート

UFTは、最先端のWeb 2.0ツールキット、最新の開発技術、Web/REST/SOAサービス、エンタープライズリソースプラニング(ERP)、顧客関係管理(ERP)アプリケーションを含む主要ソフトウェア・アプリケーションと環境のための機能的リグレッションテストの自動化を提供します。UFTはクロスブラウザテストにも対応します。一度スクリプトを生成すれば、Chrome、Firefox、IE、Safariを含むブラウザですべてのテストを再生します。

継続的なテスト

ソース制御管理、CIツール、Micro Focusソリューションのため、インテグレーションの広大なエコシステムを活用します。UFTは、Jenkinsなど継続的インテグレーションソフトウェアで機能します。UFTをJenkinsと統合することにより、機能およびリグレッションテストは通常の構築プロセスの一環としてトリガーされ、結果はMicro Focus ALMやMicro Focus Quality Centerにレポートされ、アジャイルのタイムラインを維持するための警告が即座にチームに通知されます。

UFTには、Visual Studio/C#やEclipse/Javaでのテスト作成のためのプラグインLean Functional Testing (LeanFT)も含まれます。

Continuous testing
1-click manual to automation
ワンクリックで手動から自動へ

UFTは、最新のMicro Focus手動テストソリューションであるMicro Focus Sprinterを組み入れることにより、手動記録からの迅速な自動テスト作成をサポートします。Micro Focus Sprinterでは、手動テストの進行中ユーザーガイドが表示されます。Sprinterの実行セッション終了後、結果は自動テストデータファイルにエクスポートされ、UFTにインポートされます。またローカルオブジェクトリポジトリにより自動的にUFT GUIテストに変換され、自動テストシナリオに利用準備が整います。

APIとウェブサービステスト

使いやすいビジュアルインターフェイスのUFTを使えば、ユーザーは広範囲なコーディングをすることなくヘッドレスレイヤーでのテストが行えます。

APIテストとGUIテストがいずれもキャンバスと呼ばれる図表部分に表示され、テストフローが明確に把握できるようになります。テストは該当する行動、活動、パラメータを伴ってキャンバスに明確に図表化され、複雑なアプリケーション組成や編成された事業プロセスを自動化する際のテストロジック・フローという重要な情報を明確に提示してくれます。

APIテストでは、ウェブやHTTP要求、SOAP要求ステップをネットワークキャプチャーファイルから作成します。WADLドキュメントをインポートしてAPIテストを生成します。

API and web services testing
Mobile first
モバイルファースト

UFT Mobileを使うと、テストチームはクラウド上のいかなるデバイスも活用することができる、もしくは社内にモバイルデバイスラボを設置することができるようになります。それにより、迅速かつ効率的なクラウドサービスへのアクセスや、オンプレミス・テストラボのセキュリティと管理などのオプションがうまれます。UFT Mobileの“script-once”アプローチを使うと、1つのスクリプトが様々なモバイルプラットフォーム、デバイス、ブラウザのすべてにおいて実行できるため、時間と手間が大幅に削減できます。

キーワードまたはスクリプトベースのテスト

UFTは、テスト作成とメンテナンスを簡素化するキーワード駆動型テストを提供します。キャプチャはアプリケーションの画面から直接行われ、堅牢な記録・再生キャプチャ技術を適用します。

UFTの 「パワーユーザー」には、統合スクリプトとデバグ環境を通した基調テストとオブジェクトプロパティへの完全なアクセスがあります。これはキーワードビューで同期され、またコード自動補完やカスタム化された内蔵コードスニペットなどのタイムセーバー、またファイルコンテンツやビットマップ、アレイチェックポイントなどの検証活動ツールを含みます。

Keyword or script-based testing
Designed for collaboration
コラボレーションに適した設計

UFTは、テスト自動化のためのチームのコラボレーションを簡易化します。オープンXMLフォーマットに基づき、UFTオブジェクトリポジトリマネジャがアプリケーションのオブジェクト定義を共有し、オブジェクトレベルでの変更がテスト作成作業全体を通じて同期されるようにします。

機能ライブラリ、アプリケーションアセットの定義、データ駆動型のスプレッドシートがチーム間で共有できます。テストのアーティファクトはすべて公開され再利用とバージョンアップが可能で、ベースラインが共有アセットリポジトリに作られます。

Unified Functional Testing (UFT) LeanFT
  • Adopts UFT concepts of Test Objects and Descriptions
  • Uses UFT's Object Identification mechanisms
  • Adopts/Enhances UFT's tools

Make automated testing more efficient and help developers and testers collaborate

Try It

A powerful, lightweight testing solution for continuous integration and testing

Try It

Develop tests in Visual Studio using C# x
Develop tests in Eclipse using Java x
Open Source TDD & BDD Framework Integration x
Source Control / Version Control Tools Subversion & Git only
Application Models x
Visual API Testing / Web Services Testing x
Business Process Testing (BPT) Integration x
Record and Playback Scripting only
Insight (image based object capture)
release-rel-2018-11-1-1289 | Wed Nov 7 06:29:38 PST 2018
1289
release/rel-2018-11-1-1289
Wed Nov 7 06:29:38 PST 2018