Operation Bridge Analytics

IT Operations Analytics (ITOA)

マシンデータを活用する運用インテリジェンスソリューションは、IT部門がシステムサイロに隠れている情報を識別して障害の根本原因を迅速に解決し、予測分析によって運用パフォーマンスを改善するために役立ちます。

Expand
高度な機械学習

すべての構造化データと非構造化データ(イベント、ログ、トポロジー、その他の指標等)を活用し、IT運用分析が完全に閲覧できます。

Robot
予測分析

機械学習アルゴリズムは、アカウントデータパターンと季節性を考慮してベースラインを自動的に計算し、将来のパフォーマンスを予測します。

Clock Digi
異状アラート

パフォーマンスがベースラインを超えたときに通知するリアルタイムの直観的アラートにより、ITの問題がエンドユーザーに与える影響を回避できます。

Target 1
根本原因分析

タイムマシンデータの再生と、明瞭で直観的なダッシュボードによって、傾向を特定し、ITの問題を数分で突き止めることができます。

Screen chart
ログおよびイベントの分析

既知と未知のデータにわたる自動分析により、ノイズをフィルターで除去して関連するクラスタを特定し、テキストを分析して異常動作を識別することができます。

Pinpoint
検索と索引付け

組み込みインテリジェンスによって数百万のデータフィールドをリアルタイムで収集し、検索し、インデックス化することができます。

Micro Focus Operations Analyticsにより、SMEは問題解決に費やす時間を短縮することができます。OpsAがあれば、問題を数日でなく数分で特定できます。

Pedro Bomente氏、ITマネージャー、
TIM Brazil社

15Kノードで最高レベルの可用性

OpsAnalyticsにより、DXCのIT(旧HPE IT)部門が、特別な専門知識を必要とせずどのように複雑な問題の根本原因を72倍も早く特定したかをお読みください。

`
release-rel-2018-6-1-709 | Tue Jun 5 02:49:50 PDT 2018
709
release/rel-2018-6-1-709
Tue Jun 5 02:49:50 PDT 2018