Appdefender バナー

DevOps時代のスピードに、遅れずについていくのは大変なこと。サービスマスター社が、Application Defenderを使ってソフトウェアを迅速に導入しながらリスク管理に成功した方法をご紹介します。

Application Defenderの特長

特長:アプリケーションのセキュリティに対する脅威を可視化

Application Defenderは、ランタイムアプリケーションセルフプロテクション(RASP)によるソリューションです。アプリケーションの利用と悪用を集約的に可視化することで、ソフトウェアの脆弱性に対する攻撃をリアルタイムで防御しながら、自社製やサードパーティのアプリケーションに生じるリスクを管理して軽減します。クラウドもしくはデータセンターから事前設定で管理するため、アプリケーションのセキュリティが瞬時に可視化できます。このソリューションがあれば、コードを変更しなくても本番環境のソフトウェアのセキュリティ上の脆弱性保護を即座に開始できます。

脅威を可視化

本番環境のアプリケーションにおけるソフトウェアの脆弱性に対する攻撃を瞬時に可視化。継続的にアプリケーションの利用と悪用を監視します。

即座に攻撃を阻止

既知および未知のセキュリティ上の脆弱性をリアルタイムで検出して保護。ソースコードを変更したり、コンパイルし直したりする必要はありません。

当て推量をなくす

コード内に潜む脆弱性をピンポイントで特定し、すべてのクエリを認識。不正な攻撃と正当なリクエストを正確に識別します。

素早く簡単にインストール

脆弱性検出のルールが事前設定されているため、オンプレミスでもSaaSでも、お望みの方式ですぐに導入を開始できます。