Quality Center Enterprise

QC

アプリケーション公開時の品質不良をなくし、書き換えのコストを減らします。

Quality Center Enterpriseは、安全・安心・高品質なアプリケーションの納品を管理して自動化します。

必要な機能を統合した、包括的で拡張可能なソフトウェアの品質管理プラットフォーム。

要件管理

要件のキャプチャー、編集、追跡はかんたん。ライフサイクル早期にテストを実施して品質が改善できます。

テストおよび不具合管理

一貫性があり、繰り返し可能なソフトウェアテストのプロセスで品質管理を向上します。

QCシンクロナイザー

ソフトウェアの品質保証とテストを統合して、テスト管理をシンプルに。複数ツールやプロジェクトを同時にテストすることで、コスト削減と品質向上を実現します。

SaaSバージョンでもオンプレミスでも利用可能な、業界標準の最新鋭品質管理。

リスクベーステストの計画と管理

全タイプのスクリプトテスト(機能テスト、パフォーマンステスト、セキュリティテスト)を一元的に定義し、管理し、追跡します。リスクベーステスト管理と組み合わせることで、ステークホルダーの皆様がビジネス上のリスクを要件に割り当て、テストリソースをどの部分に適用するか判断できるようになります。

すべてをひとつに統合

スクリプトの構築はHP UFTで、テストのフレームワーク構築はHP BPTで、探索的テストはSprinterで、アーティファクト管理はQC Enterpriseで、すべてをシームレスに実行できます。

ディベロッパーとのコラボレーション

QC Enterpriseは、統合された共通の開発環境での作業をサポートし、タスク、要件、不具合をリンク。プロジェクトの進捗を追跡してリスクを評価するため、要件と不具合を参照しながらディベロッパーのタスクが追跡されます。

レポートとグラフ表示

QC Enterpriseには品質レポートを一箇所に統合したダッシュボードモジュールがあるため、プロジェクトの進捗や品質保証の観点からアプリケーションの状況を把握し、リルタイムの判断を下すことができます。

previous
  • プロジェクトの情報をチーム内で共有

    自分仕様のダッシュボードを作り、内蔵されたビジネスビュー基盤を使用してグラフを設定。ダッシュボードを公開すれば、チームメンバーが登録して分刻みのアップデートを見られるようになります。

  • テストの計画と実行

    テストのライブラリを作り、手動および自動のテスト群を実行しながら追跡できます。機能テスト、回帰テスト、ロードテスト、ユニットテスト、結合テストを管理しましょう。

  • 機能テストを完全サポート

    予測される結果と実際の結果をひとつひとつ追跡することで、ひとつのレポジトリにすべてが保存できるマニュアルテストのコレクションが構築できます。

next

自分仕様のダッシュボードを作り、内蔵されたビジネスビュー基盤を使用してグラフを設定。ダッシュボードを公開すれば、チームメンバーが登録して分刻みのアップデートを見られるようになります。

ご利用は今日から

HP QC Enterpriseを実装することで、高品質なアプリケーションをビジネスに必要なスピード感で納入できます。

パッケージの内容

  • 探索テスト、機能テスト、回帰テストを実行
  • プロジェクト単位からエンタープライズレベルまで導入規模が自在
  • テスト業務を標準化
  • すべてのテストアセットを一元管理
  • SaaS型サービスでもオンプレミスでもご利用可能