HP Codar

HP Codar

アプリケーションのライフサイクルを通して、極めて複雑なアプリケーションを配備して管理。

開発(Dev)と運用(Ops)を橋渡し。自動で配備し、リリースプロセスの可視化を向上させることで、アプリケーションのリリースを劇的に加速します。

継続的デリバリが簡単に。

 

 

 

簡単なアプリケーションモデリング

HP Codarが背後で依存性のオーケストレーションをおこなう間、シンプルなドラッグ&ドロップとWebインターフェースを備えたマルチティアアプリケーション用のデザインモデルでアプリケーションをモデリングします。

コードとしてのインフラストラクチャ

アプリケーションモデルをエクスポート。コードに従って、モデルを保存、管理、アップデート。HP Codarは、配備時の最新モデルにアクセスします。

コードに費やす時間を増やす

コードを書く時間を増やして、トラブルシューティングの時間を削減。あらゆるライフサイクルのステージで、どんな環境に対しても、より高品質のソフトウェアを迅速にリリースできます。

DevとOpsが幸福に共存し続ける未来のバージョン。

トポロジモデルに基づいた宣言型設計手法で自動化を加速

HP Codarは外部コンテンツを取り入れることで簡単にアプリケーションモデルを作成できるため、今すぐ配備を開始できます。最終形態を定義するアプリケーションコンポーネントの見やすいトポロジマップをデザインし、HP Codarが背後で配備をオーケストレーションします。

アプリケーションのパイプラインを可視化して管理

HP Codarは、アプリケーションが異なるバージョンへの可視化を、ライフサイクルを通して提供します。どの環境でどのバージョンが展開されているのかを確認でき、コードの構築を推進したり拒否したりしながらパイプラインを管理できます。

インフラストラクチャをコードとして管理

アプリケーションモデルをJSONファイルとしてエクスポートすることで、コードに従ってモデルを保存、管理、アップデートできるようになります。配備時期における最新モデルにアクセスすることで、HP Codarはアプリケーション配備が完全にテストされ、リピート可能で、可視化されていることを保証します。

ツールによって孤立しないために

構築、準備、配備のため、HPE、サードパーティ、オープンソースツールなどからサポートを得ながら、よりフレキシブルな環境をお楽しみください。オープンパブリックAPIsも、Jenkinsとも即座に統合。ChefとPuppetもそのまま統合でき、アプリケーション開発の目的で、HP Codar内でコンポーネントとして既存のデザインコンテンツを活用できます。

ワークフローをプレビューして修正

HP Codarには、ワークフローコンテンツのプロセスのプレビューと修正を提供するHPE Operations Orchestrationのフルバージョンが含まれています。開発のトラブルシューティングで大きな恩恵をもたらします。

previous
  • HP Codar- Add providers to embrace external content

    外部コンテンツ活用のためにプロバイダを追加

    HP Codarはクラウド、オープンソース、その他サードパーティのプロバイダを数多くサポートしています。

  • Import content from external providers

    外部プロバイダからコンテンツをインポート

    Chefのレシピ、Puppetのマニフェストなどをインポート。

  • HP Codar-design your application model

    アプリケーションモデルをデザイン

    ドラッグ&ドロップのアプリケーションとインフラストラクチャコンポーネント。両者を関連付けることで、簡単に依存性が作成できます。

  • HP Codar-deploy your application

    アプリケーションを配備

    より正確な十全性を得るため、配備時にアプリケーションをインフラストラクチャに適合させます。

  • manage your application pipeline

    アプリケーションのパイプラインを管理

next

HP Codarはクラウド、オープンソース、その他サードパーティのプロバイダを数多くサポートしています。

ご利用は今日から

HP Codarがあれば、自動配備とリリースプロセスの可視化を向上させることで、アプリケーションのリリースを劇的に加速できます。

  • コードを書く時間を増やし、トラブルシューティングの時間を削減。
  • 次のライフサイクルステージへの移行を強力に推進させることでアプリケーションのパイプラインを管理。
  • HP Codar内で生成されたコンポーネントのワークフローをプレビューして修正。
  • いっそう迅速で正確な配備で、より頻繁なテストが可能に。
  • HPE、オープンソース、OOTBコンテンツ、オープンAPIが付属したツールなどと統合可能。