GDPRへの迅速な対応が必要とされる理由 - アナリストホワイトペーパー

GDPRへの迅速な対応が必要とされる理由


一般データ保護規則 (GDPR) は、過去20年以上において、欧州のデータ保護関連法における最大の改革となります。企業は、間に合わなくなる前にGDPRに対応する準備をしなければなりません。

2018年5月25日に施行されるGDPRは、EU諸国のすべての企業に適用されます。しかしながら、数々の調査の結果、影響を受ける企業の多くがまだGDPRへの対応ができておらず、それどころか、どのような影響があるのかも理解していない企業すら存在するという事実が判明しています。GDPRは、個人のデータを誰が管理して、どこに保管されるのかということに関して、EU市民の権利を強化するものです。GDPRに違反した企業には、2000万ユーロまたは年間売上高の4%のうち高い方の金額が制裁金として課せられる可能性があり、データ侵害が発生した場合には72時間以内の報告が義務付けられています。

このホワイトペーパーでは、期限までにGDPRへの準拠を完了するために企業は何をすべきか、そして準拠できなかった場合はどういう結果が待ち受けているかについて、業界をリードする最高情報セキュリティ責任者 (CISO) や法律関係者の話を紹介します。

/
release-rel-2018-11-1-1289 | Wed Nov 7 06:29:38 PST 2018
1289
release/rel-2018-11-1-1289
Wed Nov 7 06:29:38 PST 2018